アラフォー婚活をフォローする

アラフォー婚活

30代、40代のための結婚相談所・婚活情報サイト アラフォー婚活

30代40代の婚活常識

好印象を与えるスーツとは?ビジネスでもお見合いでも使えるスーツの着こなし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人は見た目が9割と言われています。本当にそうなんでしょうか。筆者が中学生だった頃、なにげなく見ていたテレビ番組内でこんな実験がありました。スタッフが駅構内で「財布を忘れたのでお金を貸してもらえませんか?」と、通りすがりの100人に依頼してみるというものでした。1回目は、髪はボサボサ、よれよれのスーツを着て、敗れた紙袋を持っている場合。2回目は、身だしなみをこざっぱり整え、きちんとしたスーツを着ている場合です。
その結果、お金を貸してくれた人はそれぞれ5%、25%でした。その開きは、5倍。同一人物でも見た目だけで、これほど相手に与える信頼感が違ってしまうのです。「人は中身が大事」と言われて育ってきた私は、驚いたのを覚えておりますが、同時に「見た目で信頼感って演出できる!」と新鮮な発見をしたものです。
付き合いが深まるについて、内面が重要視されるのは言わずもがなですが、特に初対面では、外見が重要なのです。

好印象を与えるスーツ

好印象を与えるスーツ
ビジネスマンの制服ともいえるスーツ。あなたは自信を持って着こなしていますか?
スーツは値段より、身体にフィットしたものかどうか、またシャツやネクタイにシワがないかが重要です。構造上、背を高く見せたり、スタイルを良く見せたりできる、とても機能的な服なのです。自分に合うスーツを1着持っていても、損はしないはずです。まず押さえたいのは、清潔感があり、シンプルな形のスーツであること。さらに上級者を目指すならば、「清潔感」という身だしなみの基本ポイントを押さえつつ、「優しそう」「話しやすい」などの与えたいイメージによって「色の組み合わせ」「素材」にも気を配るとよいでしょう。
好感や信頼感を獲得するためのあらゆる活動のひとつとして「見た目」も考慮にいれるべきです。あなたに似合った、シンプルで仕立てのよいスーツを得られれば、ビジネスシーンはもちろんお見合いや婚活にも、効果を発揮してくれることでしょう。

スーツの印象はVゾーン?

スーツと1口にいっても、なにもスーツそのものだけではなく、シャツやネクタイの色や柄、それぞれの組み合わせによって印象ががらりと変わっていきます。まずは覚えていただきたいのは、スーツの場合は首から胸元にかけての「Vゾーン」に視線を集めるということ。そこを整えれば、確実に印象は上がります。

スーツ、シャツ、ネクタイ…、それぞれの組み合わせ

スーツ、シャツ、ネクタイ…、それぞれの組み合わせ

具体的にそれぞれのパーツは、どういったものが良いのでしょうか?
基本的には、スーツの色は黒やグレーそして、形は前述した通り、ベーシック身体のサイズにぴったり合ったものが好ましいです。
続いて、シャツなどのインナーですが、清潔感なら白に勝るものはありません。一方、やわらかいなイメージを与えたいのなら、パステル系。気合が入っていることをアピールしたいときは、情熱の赤をはじめ、原色を選択するのも悪くありません。
最後に「Vゾーン」のアクセントであるネクタイ。ネクタイの柄で演出したいイメージを操作できます。ストライプ柄は清潔な印象を与えるので、白や青のシャツと組み合わせれば、「好青年」の印象に仕上がります。初対面の相手など、友好的な自分を印象づけて距離を縮めたいときは、チェック柄で親しみやすさを加えたり、小柄で協調性を表現するのも手です。また、無地や光沢感のあるネクタイからは、高級感が出ますので、ここぞという大事な場面やパーティの時にオススメです。一方、一筋縄ではいかないクリエイティブな自分を演出したければ、大柄のネクタイで独創性をアピールしましょう。

スーツの色

・黒  →真面目さ
・グレー→都会的
・青、紺→知性
・茶  →落ち着き

スーツの形

・かっちり→真面目さ
・ゆったり→親しみやすさ

シャツの色

・白      →清潔感
・パステルカラー→さわやか
・ビビットカラー→情熱

ネクタイの色

・ストライプ→清潔感
・チェック →親しみやすさ
・小柄   →協調性
・無地、光沢→高級感
・大柄   →独創性

赤はモテる色?

赤はモテる色?
ちょっと話は逸れてしまいますが、このような学説があります。
テルアビブ大学のタルマ・ローベル教授は、心理学の研究において色の重要性を研究する中で、赤色の強烈な効果について、言及しています。著書に『赤を身につけるとなぜもてるのか?』というものもあり、赤色の効果について説いています。
たとえば、レストランの女性ウェイトレスがTシャツの色を、一日ごとに赤、黒、白、黄、青、緑と変えてみたところ、赤を着た日に限って、男性客からもらうチップの金額が多くなることがわかりました。
実は、これは女性だけではなく、男性においても同様の効果を発揮するようです。男性の場合は、単に女性から魅力的に映るだけでなく、「地位が高く、将来成功する可能性が高い人」だとも思われることもわかっています。時と場合、いわゆるTPOを守るのがまず大事ですが、Vゾーンに思い切って赤色のネクタイを添えることで、お見合いや婚活の場では自分を魅力的に見せられるかもしれませんね。参考にしてみてください。

値段ではない。自分に似合うスーツを選ぶこと

値段ではない。自分に似合うスーツを選ぶこと
いくら色や柄でバッチリ決めたところで、スーツがよれていたりシャツが汚れていたり、ネクタイが曲がっていては台無しです。また、高価なスーツやシャツを身につけたところで、体にフィットしていなければ、野暮ったく見えてしまいます。奮発して値の張るスーツを買っても、それを何年も着倒していては、型も古くなりますし、どうしても生地が傷んできます。値段はさておき、清潔で自分に合ったアイテムを選ぶことを心がけてください。
また、人によって魅力を引き立てたせてくれる色もあれば、似合わない色も当然あります。色選びに自信のない人は、周りに似合うと思う色を聞いてみたり、時にはカラー・アナリストなど色のプロに意見を求めるのも有効でしょう。

いかがだったでしょうか。スーツ選びの基本は、まずは体にフィットするか。その次にVゾーンを意識した色選びが大事になってきます。ビジネスシーンと婚活の場、両方でうまく使いわけて好印象な自分を演出してみください。内面を探ってもらうためには、まずは好印象を相手に与えることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスランキング

話題の記事