アラフォー婚活をフォローする

アラフォー婚活

30代、40代のための結婚相談所、婚活情報サイトアラフォー婚活

30代40代の婚活常識

アラサーの恋愛スタイルとは?コツをつかめばアラサーの恋は成就する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1495104402_7506504f49298ec6a7c91eeaaf55b540_8943791108f3922f8ba447cb430ca3f528e54d87

アラサーになると、男性も女性も若い頃とはまた違った恋愛に対する価値観や考え方が出てきます。なかには、過去の経験から恋愛に臆病になっている人、出会いがあっても長続きしないと困っている人もいるかもしれません。しかし、せっかくなら、人生経験を積んだからこそできる、実りある恋愛をしたいですよね。

今回は、アラサーの恋愛のコツや、アラサー同士での上手くいく付き合い方などについてご紹介します。

    【目次】

  1. アラサーの恋愛は自分を知ることから
  2. アラサーには不向きな恋愛スタイル
  3. 上手くいくアラサーカップルの付き合い方
  4. アラサーの恋愛成功のコツ
  5. 自分や相手を理解し、尊重することがアラサーの恋愛成功のコツ

アラサーの恋愛は自分を知ることから

素敵な恋愛をするための第一歩として、自分の恋愛スタイルや魅力を知ることが大切です。自分を知ると効果的なアピール方法を見つけられるだけでなく、自分に合った価値観の人を見極めることもできます。

●まずは自分の恋愛スタイルを知る

学生時代を終えて社会人経験も積んでいるアラサー世代は、自分の生活スタイルを確立している人がほとんどです。毎日の仕事やプライベートなどを通して、自分に合う生活や心地良く過ごせる人間関係、「これをしていると楽しい」と思える趣味などがわかってきたという人も多いのではないでしょうか。

まずは、「どんな恋愛がしたいのか?」を明確にし、自分に適した恋愛スタイルを知ることをおすすめします。「恋人とは週1回は会いたい」「相手には自分の仕事を理解してほしい」「束縛されるのは嫌だ」など、自分の希望や性格を把握した上で、どういうスタイルなら最も自分らしい恋愛ができるのかを考えてみましょう。

●自分の魅力を理解する

アラサー世代は、人生経験を重ねてきた人ならではの年相応の魅力を身に付けることで、同年代はもちろん、年代の異なる異性からも関心を持ってもらいやすくなります。

ポイントは、10代~20代の若い人にはない包容力や優しさを見せることです。例えば、相手の悩みを聞いてアドバイスをする、相手と自分との違いを否定せず受け入れる、相手の知らない知識を教えてあげるなど、経験の豊富さと器の大きさが魅力になります。

アラサーには不向きな恋愛スタイル

アラサー世代の恋愛は、20代の頃のように自分の感情のおもむくままに行動するとうまくいかなくなるケースが少なくありません。不向きな恋愛スタイルについて理解しておきましょう。

●自分勝手な恋愛

アラサー世代に不向きな恋愛の一つは、自分勝手な恋愛です。例えば、休日の予定を立てる際に相手の都合を考慮しない、仕事のスタイルを理解せずペースを乱す、電話やメールでの頻繁な連絡を相手に強要するなどの行為が挙げられます。お互いに未熟な若者であればまだしも、相手の立場を尊重することができない恋愛は、大人の恋愛としては長続きしない可能性が高いです。

●刺激を求めた恋愛

常に恋愛にドキドキ感を求める人の場合、一緒にいて安心感のある優しい異性では物足りず、女性なら「俺様系」、男性なら「小悪魔系」など、刺激的な異性に惹かれる傾向があります。結果、相手に振り回されて傷付いたり、未来のない刹那的な恋愛を重ねてしまったりすることが少なくありません。

●依存した恋愛

自分に自信がなく、「愛されていないのかも…」という不安感が原因で、相手に尽くしすぎる、合わせすぎる、求めすぎるなどの行動を取ってしまうことがあります。相手のためを思ってしたことが原因で、「重くて面倒な存在」と思われたり、逆に相手にとって都合の良い存在になってしまったりする可能性があります。お互い自立した大人として、相手に依存した恋愛は避けましょう。

上手くいくアラサーカップルの付き合い方

アラサーカップルのお付き合いが上手くいくコツをご紹介します。アラサー同士だからこそ、お互いを理解できることがあるのです。
Young couple in love clasping hands across the table

●束縛しすぎない

相手のことを束縛しすぎたり、過干渉になったりするのは、子どもの恋愛です。アラサーカップルは、相手の仕事や友達・家族関係、プライベートの過ごし方において、お互いのライフスタイルを認めて尊重し合うことが大切です。

放任しすぎず、ある程度相手に関心を持つことは必要ですが、「相手の予定や交友関係などをすべて把握しようとする」「相手の行動を支配・制限しようとする」のはNGです。基本的には相手の考え方や意思を尊重し、信頼するように心掛けましょう。

●相手に完璧を求めない

例えば、最近知り合った相手のことを、始めから理解するのは難しいでしょう。世の中に完璧な人間がいないように、自分の恋人もすべて理想通りということはなかなかありません。付き合って相手のことを知っていくうちに、見えてくる短所や気になる部分ももちろんあるでしょう。お付き合いが長くなり信頼関係ができれば、欠点を指摘してあげることも愛情の一つといえますが、すぐに冷めてしまい、マイナスに捉えてしまうと、お付き合いが続かなくなってしまいます。アラサーカップルがお付き合いをする上では、「自分も完璧ではない」ということを自覚することが大切です。気持ちに余裕を持って接すると、お付き合いが長続きするでしょう。

●お互いが自立している

好きな人のことを大切に思うのは素晴らしいことですが、頭の中が恋愛一色になってしまうと、相手にとって重い存在になってしまったり、相手との関係が思い通りにならないときに不安になったりしてしまうことがあります。

恋愛以外にも、やりがいを感じられる仕事に打ち込んだり、自分一人でも楽しめる趣味に取り組んだりして、友達など恋人以外の人とも交流をすることで、自立した大人のお付き合いができます。

アラサーの恋愛成功のコツ

アラサー世代にスタートした恋愛を大事に育んでいけば、結婚につながることも少なくないでしょう。アラサーが恋愛を成功させるためのコツについてお伝えします。

●今を大切に過ごす

お付き合いをしていると、相手の過去の恋愛が気になってくる人がいるかもしれません。また、自分自身も過去の恋愛に対して後悔したり、昔の恋人と今の恋人を比べてしまったりすることがあるかもしれません。

過去が気になる気持ちはわかりますが、自分や相手の過去について心配しても仕方がないことです。「今の相手とこれからどうしていきたいのか」という気持ちを優先し、一緒に過ごせる幸せな時間を大切にして相手と向き合えば、心地良い関係性を続けることができるでしょう。

●自分の気持ちをきちんと伝える

恋愛では、自分の考えや気持ちを、相手にしっかりと伝えることが大切です。「察してほしい」「言わなくてもわかってくれる」ということを求めないようにしましょう。「好き」「大切に思っている」「感謝している」というプラスの気持ちはもちろん、抱えている心配や不安などのマイナスな気持ちも共有しましょう。自分の考えを伝えると、相手に自分のことをわかってもらうことができるので、お互いの理解が深まります。

また、自分の気持ちを素直に話すと、お付き合いを続けていく上で気になっている点や、現在の問題点なども把握でき、改善することにもつながります。「相手が何を考えているかわからない」「自分のことをわかってくれない」という不満がたまるのを避けられるでしょう。
ただし、自分の気持ちを伝えることと、要望を一方的に相手に押し付ける「わがまま」はまったくの別物ですので、その点に注意しましょう。

自分や相手を理解し、尊重することがアラサーの恋愛成功のコツ

幸せな恋愛をするためには、お互いに満足できるお付き合いをすることが大切です。自分のことしか考えていなかったり、我慢をして付き合い続けていたり、相手を信頼していないような行動や発言をしていては、結婚に結びつくような恋愛にはなかなか発展しません。アラサー世代の人は、自分や相手のことをよく理解して、お互いに尊重し合えるお付き合いを実現させましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスランキング

話題の記事