アラフォー婚活をフォローする

アラフォー婚活

30代、40代のための結婚相談所・婚活情報サイト アラフォー婚活

結婚相談所

結婚までの最短はどれくらい?結婚相談所サンマリエのスタッフにこっそり教えてもらいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インタビュー・文=大橋博之

会員の婚活をサポートする、結婚相談所サンマリエのスタッフ。中にはわずか一週間かからずという最短期間で成婚を決めた会員もいるそうです。会員との信頼関係がしっかりしている彼女たちだからこそできる、成婚に導くための優しい言葉と愛の鞭とは・・・?

業界大手初の「月会費0円」で相手と出逢ったときや成婚が決まったときのみ費用が発生する成果報酬型のサービス、Compass(コンパス)を提供する結婚相談所サンマリエ。コンパスは忙しい人に最適のサービスで、専任スタッフが電話やメール、ネットでお相手探しに関しての様々なサポートをしながら会員に合ったお相手を毎月紹介し、お見合いのセッティングも行ってくれます。

そのコンパスを担当する、スタッフの鈴木恵美さんと大阿久美友紀さんに、どんな人がサービスを利用しているのか、またスタッフをしているからこそ感じる事など、いろいろとお話を伺ってみました。サンマリエ インタビューシリーズ第4弾!

結婚までの最短はなんと1週間!

IMG_6897

──サンマリエに相談して、最も早く成婚が決まった、というケースについて教えていただけますか?

大阿久:一番短くて、一週間かからなかったというケースがありますね。お見合いの席で、すぐに結婚の話まで進展されたという方がいらっしゃいます。申し込まれてから一か月たっていなかったですね。

──一週間は早いですね!あと、女性として気になるのは、男性が結婚相手に求める条件だと思うのですが。

大阿久:50歳前後の男性会員様は、お子さんをどうしても、という方が多いという気がしています。そのため30歳なかばくらいまでの女性を希望される方が多いですね。

──男性会員様はどんな方が多いのですか?

鈴木:お仕事がお忙しい人が多いですね。お忙しいため女性との出逢いがない方がすごく多いです。お友達や周りが結婚されていることに焦ったり、ご両親がお歳を取られたため、親孝行のためにお子様を見せてあげたいとか……。結婚に踏み切る理由は様々なようです。あと、ご家族が婚活を応援されている方も多くなっていますね。お母さまが心配されて電話されてこられる、ということもありますよ。

──では、女性会員様はどうでしょうか?

大阿久:最近では、女性でもしっかりお仕事をされている方も多くなってきましたので、お忙しい方が多いですね。そんな方は日頃の出逢いだけでなく、そこにプラスして、サンマリエでよりよい出逢いを求めていらっしゃるんだな、という気はしますね。

──男性も女性も仕事が忙しくて出逢いがないため、サンマリエに相談されるわけですね。

鈴木:そうですね。でも、婚活をちょっと意識していただくだけでも、ぜんぜん違うと思うんです。例えば、入会したばかりの女性会員様で、こちらから男性会員様をご紹介する前に、サンマリエの会員様ではない男性と「結婚します」とご報告をいただいたことがありました。ご自身が婚活モードになると、不思議と今まで見えていなかった男性が視野に入ってくるようなんです。私たちはその方が幸せになるご縁を見つけていただけるのなら、サンマリエで知り合ったのでなくとも、とても嬉しいですね。

叱ることのできる関係性を築く

IMG_6820

──成婚とはなかなかならない、という場合もあると思います。

大阿久:そうなると、会員様のお気持ちが落ちてしまうときがあるんですね。なかなか出逢いまで行かないとか、『この人!』と思っていた人とダメになってしまったときとか……。そんな、すごく落ちてしまったときに、私たちは会員様のお気持ちにしっかり寄り添って差し上げて、なんとか上に持って行こうと努力しています。

──そんなご相談を受けて、「今この瞬間は直接会って、お話をしたい」ということはありますか?

大阿久:ありますね。

──具体的にエピソードなどありましたら教えて頂けますか?

大阿久:すごく落ち込まれてしまわれているときは直接お話したいとすごく思いますね。

鈴木:なかには、どうしていいのか分からなくなって、支離滅裂になってしまわれる方もいらっしゃるんですね。そういうとき私は、もちろん信頼関係ができているからですが、叱ります。「電話だから、抑えなきゃ」とも思うのですが、私としてはなんとかして差し上げたいので、つい熱くなってしまうんですね。それでまた、前向きになっていただけると嬉しいですね。

──会員様が落ち込むときが一番、大変なのですね。

鈴木:ほめて慰める場合もありますし、お尻を叩く場合もありますね。

──メンタル面でのフォローが大切なのですね。

大阿久:「こうした方がいいですよ」というアドバイスをさせていただくこともありますが、むしろ「お辛い気持ちもすごくわかります」と寄り添いながら、「でも、婚活をしている以上は出逢いもありますので、一緒に頑張りましょう」と励まさせていただくことを心がけています。

──パートナーとして共に婚活をしているようにサポートするのが大切なわけですね。「それはあなたが悪いからよ」ではなくて。

大阿久:「あなたが悪いからよ」という感覚はないですね。一緒に頑張るという気持ちです。

──うまくいかないのは男性、女性、どちらが多いのでしょうか?

大阿久:うまくいかないと嘆くのは男性会員様が多いように思います。

鈴木:けれど、男性会員様は要望を変えてくれる場合もあるんですね。たとえば、お子様は諦めて人生のパートナーにしようかとか。そういうふうにご自身のこだわりを変えていただける男性会員様にはまた新たに婚活をサポートさせていただいています。

──なかなか成婚まで行かないときは、どうされているのですか?

鈴木:最初は「出逢えない」ということで悩んでいても、そこはクリアできるようになるんですね。だけど、次に「出逢っても一回で断られる」ということもあって、つまづくこともあります。でも、いつも同じところで踏みとどまっているのではなく、階段を昇っていけるんですね。ずっと同じ場所に踏みとどまっているということはないんです。

寄り添うあまり、熱くなる場面も

IMG_6905

──ご紹介されるのは同じようなタイプの方ばかりなのでしょうか?それとも、様々タイプの方をご紹介されるのでしょうか?

大阿久:会員様によりますね。「いままでうまく出逢えていないから、今回はこういう感じの方にしてみようかな」とか考えています。

──やはり、いろいろ考えるわけですね。

大阿久:考えますね。会員様の傾向や今までの活動状況をすべて確認しながら。あとはもちろん、どういう方が好みなのかも確認しながら毎月、マッチングさせていただいています。

──それはコンピューターマッチングではフォローできない強みでもあるわけですね。

鈴木:そうですね。会員様のことをいつも色々と考えさせていただいています。

大阿久:会員様からいただいた過去の、お相手様へのメッセージを見たりしながらですね。

──ところで、Compassを担当するスタッフの方は会員様と顔を合わせないとのことですが、顔を合わせないためのご苦労もあるのではないでしょうか?

鈴木:対面だと、例えば「そうじゃないでしょ」が励ましに聞こえたとしても、電話だと威圧しているように取られる場合もあるんですね。そのため、会員様一人ひとりとの電話でのやりとりでは、言葉やトーンには特に気をつけてお話をさせていただいています。

──寄り添うあまり、ということはないですか?

鈴木:会員様が落ち込まれて中々次に向かえずにいらっしゃる時などは、私も「一生懸命にやっているのに!」という思いをぶつけてしまいそうになることもありますね。そこはグッと押さえて。私たちは会員様のお顔はわかっていますが、会員様には私たちの顔も何もわからないので、その関係でフォローをするというのは、よっぽど信頼がなければいけない。そういった関係を作ることが一番難しくもあり、重要なことですね。

会員様からの連絡には、素早い対応を常に心がけているとのこと。テクノロジー中心のサービスが多い昨今、一人ひとりに寄り添ったサンマリエのサービスはとても貴重で、満足度が高いようです。一人で考えるのがふつうと思ってしまう婚活ですが、いつでも結婚のプロに頼ることができるというのはとても心強いですね。

いかがでしたか?結婚相談所サンマリエでは婚活に役立つ「あなたの隠れた恋愛傾向」や「理想の結婚相手のタイプ」がわかる診断テストをご用意しています。

よろしければ、無料ですので診断してみてはいかがでしょうか?

無料婚活診断テストはこちら≫

【コンパススタッフ】

新宿クラス 鈴木恵美(スズキメグミ)さん

横浜クラス 大阿久美友紀(オオアクミユキ)さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスランキング

話題の記事